【3匹のカエル】

Pocket

frog-1591901_1280

 

19歳からコツコツ書きためてきた
ノート(ネタ帳?)に、
こんなショートストーリーが
書いてありました

 

折に触れて読み直すと
様々な気づきがあります

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【3匹のカエル】

ある時、3匹のカエルがミルクの容器の中に
ポチャンと落ちてしまいました。

 

1匹目のカエル悲観主義のカエル

『何をしてもどうせダメだから』

と考えて、何もせずに溺れ死にました。

 

2匹目のカエル楽観主義のカエル

『何もしなくても結局うまくいくだろう』

と考えて、何もせずに溺れ死にました。

 

3匹目のカエル現実主義のカエル

『今自分にできることは、とにかく泳ぐことだ』

と考えてミルクの中を泳いでいるうちに
足元にバターができたので、
バターをよじ上って、ひとっ飛びし、
容器の外へ逃げ出しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

いやいや、
そんなうまい事いくわけないから!!
ってツッコミを入れている人は
1匹目か2匹目のカエルでしょうか

 

悲観することなく、楽観することなく
ただ目の前のことに一所懸命になる

 

流れに身を任せることは大事なこと

 

ただ、それは何もしないことではなく
やるべきことをやっている人だけが
その流れに乗ることができるのではないか

そんなメッセージを受け取りました

 

 

また、環境が人を育てるといいます

一所懸命な人たちが集まる環境に身を置いてみる

『場』が互いに影響を与え、相乗効果を起こし、
一人で頑張っている時よりもさらに
あなたの成長を加速させるはずです

 

2018年、早くも折り返し

 

年末に1年を振り返って見たとき
どんな気持ちになっていたいですか?

 

夢中に何かに取り組みたい方、
コンフォートゾーンから飛び出し
ステージアップしたい方は
8月からスタートする寺子屋体験会へ
一度、来てみませんか??

 

何かに夢中になれる6ヶ月間、
一体どんな場作りをしているかを
出し惜しみなくお伝えします

 

8月7日の体験会は【残席3】です!!

 

 

▼体験会の日程・詳細はこちら
http://trunk-method.com/terakoya8/

 

 

 

Pocket