『話は縦と横を意識しよう‼️』

Pocket

choice-3183317__480

 

 

引き続き

話を聞き進めていく上で欠かせない

『3つの基本的な観点』について

お伝えしたいと思います

 

━━━━━━━━

1、具体性

2、列挙

3、サマリー

━━━━━━━━

 

相談者の言っていることの本当の意味と

こちら側の認識をすり合わせていきながら

話を進めていくことが大事ですよと

 

 

だから話は具体的に掘り下げて

聞いていきましょう‼️という

のが前回のお話

 

 

今回は

2、列挙

についてお伝えしたいと思います

 

 

例えば、相談者がこんなことを言ってきたとします

 

『最近、モヤモヤすることがありましてぇ…』

 

どうしたんですか?と詳しく話を聞いていったとします

 

『会社で営業部に所属しているんですが、

ここ3ヶ月くらい結果が全然ついてこないんですよ』

 

このような展開になったと仮定します

どんな具合なんですか?と話を進めていきながら

具体的に状況を把握していきますよね

 

で、実はここから見えない分かれ道があるんです

 

 

1つ目はこのまま話を聞き進めて深掘りする

→縦掘りの展開

 

2つ目は他にも何か思い当たることないか聞いてみる

→横掘りの展開

 

1つ目のルートで、そのまま詳細に話を聞いていきながら

ある程度、解決の目処が付いたとしましょう

 

 

そこで、最初のモヤモヤについて聞いて見ると

 

『ん~、まだちょっとモヤモヤする』

 

みたいな煮え切らない返答が来たという経験はありませんか?

 

 

時間かけて丁寧に話を聞いていったのに

最後になって、あまりクリアになっていない

 

これはお互いにダメージが大きいですw

 

 

どんなことがモヤモヤするのか

ある程度聞けたタイミングで

 

『そんなことがあったんですね、

ちなみに他にも気になっていることありますか?』

 

と、横展開してみます

 

 

すると、

 

『他ですか?ん~、そうですねぇ、

最近パートナーとの関係もあまり良くないというか…』

 

って、新しいテーマが出てくることがあります

 

 

もし、他にもまだありそうな雰囲気があったら

一旦、全部テーブルの上に列挙してもらうのが

得策だと思います

 

 

 

大なり小なり複数あるなら

その中で関連するものなのか、

全く別物なのかを整理します

 

 

結果的に最初のテーマとは違うものが

一番モヤモヤすることが見えてきたり

なんていうケースはよくある話です

 

 

相談者が今言っていることだけを

具体的に深掘りして進めていくのではなく、

 

初期段階で『他にも聞いてみる』

 

という列挙の観点も意識してみてください

 

 

 

■イベントinfo

 

2018年7月から

TRUNK METHOD~10期~

がスタートします‼️

 

少数精鋭でブレイクスルーのメカニズムを直接指導!!

 

まずは6月の体験会へお越しください♪

▼詳細はこちら

http://trunk-method.com/trunk-method-pre/

 

【1】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:平成30年6月4日(月)

19:30~22:00(受付19:20~)

場所:新橋周辺

参加費:3,500円

お申し込み:

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMvvDpwXze

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日時:平成30年6月23日(土)

17:30~20:00(受付17:20~)

場所:新橋周辺

参加費:3,500円

お申し込み:

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMvvEvAo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Pocket