【16】やる気の種類~テンション~

Pocket

目的は的(まと)

目標は標(しるべ)

 

つまり対象となる“的”に導くための“標”

 

目標は目的ありきだという話をお伝えさせていただきました

http://trunk-method.com/in-front-of-goal/

 

 

なんの為にそれをするのか!?

 

その目的が明確であればあるほど

 

それをすることが自分にとって

意味があると実感しているほど

 

『やる気』は上がります

 

 

自分自身もまわりの人も含めて

『やる気出してほしい!!』

と思ったことはありませんか??

 

 

 

今日はその『やる気』の種類について整理していきましょう♪

 

 

やる気には大きく分けて2種類あると言われています

 

1つ目が 『テンション』

2つ目が 『モチベーション』

 

 

 

まずは『テンション』から

 

 

 

 

イッエーーーーーイ!!!

 

 

と、大きな声を出して

それこそ大きくジャンプをしたり

その場で踊りだしたりでもすれば

テンションは上がります(笑)

 

 

 

営業の会社によくある朝礼などで

 

『今月の営業目標、絶対に達成します!!!!』

 

と、みんなの前で大きな声で宣言したりするあれです(笑)

 

 

その“瞬間”はやる気が上がります

でもそれは“瞬間的”です

 

そう、テンションは『瞬間的なやる気』なのです

 

 

テンションが必要な時があります

 

例えばアスリートやアーティストが

パフォーマンスをする時など

テンションで結果が左右されたりします

 

 

また、人前で何かを伝えるときなども

話し手のテンションによって伝わり方が変わります

 

 

 

テンションは

<カラダ・コトバ・イシキ>

をコントロールすることで

上げることが可能です

 

※これについてはまたの機会に

 

 

 

しかし、

テンションだけで『やる気』を上げ続けることは難しい

 

なぜなら

も・の・す・ご・い・エネルギーを消費するから

やりすぎるとカラダを壊します

 

 

 

私は20代の時に

あまりやる気がない仕事を

テンションだけで何年も続けて

乗り切ろうとしていました

 

 

その結果、軽度ですが、うつ状態になり

会社も辞めて引きこもりになった経験があります

 

 

テンションだけでは『やる気』は続かないのです

 

一瞬で『やる気』は出ますが

ものすごいエネルギーを必要とし

使いすぎるとガス欠状態になるので注意が必要

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼まとめると♪
テンションは“一瞬で”やる気を上げる!!
同時にものすごいエネルギーも必要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次回はモチベーションについてお伝えします

 

 

unnamed-1

 

 

メルマガ読者限定!!!

新年特別企画も配信中〜♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Aha!体験』のヒントをお届けする
TRUNKメソッドメルマガ

【Aha!通信】

ご登録はこちらから

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UvIRnMobGi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Pocket