【TRUNK】『期待値管理』

Pocket

 

最終的な満足度を上げるためには、

頑張って結果を出す!ことの他に、

期待値管理が必要です

 

今回はとても大事な考え方

期待値管理についてお伝えします

 

え、なになに?

期待値管理って??

 

えば、どこどこのレストランがおいしいという
情報を聞いて楽しみにして食べに行ったとします

 

実際にお店に行ってみたら、
たしかにおいしいけど
思ったよりだったかも…

 

なんて体験はありませんか??

 

思ったより量が少なかった…
私にはちょっと味付けが濃かった…
おいしいけど店の雰囲気が微妙だった…などなど

 

事前情報と自分の満足度の間にギャップが存在する

 

このギャップは、そのものに対する
自分の中の『期待値』に関係していると思います

 

たしかにおいしい!!

でも、当初の期待が大きかった分、
普通になってしまう

 

結果 ー 期待値 = 満足度

 

手のスタート時点での期待値が高ければ、
自分としては良い結果を出したつもりでも、
満足度は以外に低かったりする

 

どんなに頑張っても
そもそも相手が本当に求めていることから
ズレていたら満足度が上がりません

 

 

heart-1947624__480

 

だから、相手が何を本当に求めているのか?

 

ここをしっかりと把握できるようにすることが
高い満足度を感じてもらえるために重要になってきます

 

これは、セッションだけでなく、
仕事全般に言えることなのではないでしょうか

 

言われた仕事だけをこなしても、
教えてもらったことだけをやっても、
そこに感動はありません

 

想定内ですからね!

 

私は期待値管理を徹底してから
セッションでの満足度が
グンと上がりました

 

また、この期待値管理はコーチングや
コンサルティングだけではなく
企業研修などのヒアリングでも役に立ってます!

 

コーチングの導入での期待値管理について
解説している動画がありましたので
ご参考までに!!

 

 

▼動画で観る

<コーチングの説明の前に~期待値管理~>

※機種変更前のiPhoneで撮影した動画で
 音声が少し乱れていますm(_ _)m

 
<info>

【本格的に学びたい方はこちら】

7月末からスタートする本講座 11期
TRUNK METHODの基礎的なスキルを
3ヶ月間で学べるプログラムになっています

 

▼詳細はこちらから
https://trunk-method.com/lp-trunk-method/

Pocket